朱鷺の島 佐渡 棚田の稲作  稲場 三郎平

アクセスカウンタ

zoom RSS 自作 単管とポリカ波板で下屋作り

<<   作成日時 : 2016/12/17 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 種蒔とかいろんな作業を、コンクリの床,屋根の下でやりたいという
長年の思いをやっとかなえました。
一人で建てた、楽しみながらの悪戦苦闘 ^^; 記録です。

 一昨年、既存の下屋の前を埋め立てて整地。
昨年の春にコンクリ打って床を作った。
コンクリ打ちは、左官さんに依頼。
この年の水稲種蒔きは平らな床の上で気持ちよい作業でした。
画像


 雨の日も作業したり、冬には車を入れたりと
やっぱり屋根が欲しくなり単管とポリカの波板で屋根掛けしました。

 先ずは、単管ベースを取り付ける基礎作り。
これは、土建業の友人を頼んで私は勢子になって作りました。
写真は、作業始めとコンクリを打ち終わって養生シートをかけた
ところしか撮れませんでした。

画像


画像




建て始めの全景
画像


既存の下屋とは縁を切って垂木となる単管の取り付け
画像


垂木単管を組み終わったところ。
ユンボで引っ張って垂直だし。
画像


単管に垂木を取り付け
この日は、霜が降りた寒い日で、自作ロケットストーブで
暖を取りながらの作業。(中央で煙の出ているペール缶)
画像


画像


ポリカ波板を打ち付けるための母屋の取り付け
母屋材は、プール育苗用の杉板が安いので流用。
画像


画像


ポリカ波板を取り付けはじめたところ。
破風板もつけた。

この破風板があるのとないのとでは見栄えが全然違う。
なんとなく本職が建てたみたいな感じに自画自賛 ^^;

画像


画像


画像


ここで既存の下屋の終端、6間(約11m)張ってきた。
画像


足元から下を見たところ。
高さは2mないんだけど下を覗くと結構高く感じる。
滑らないように地下足袋をはいての作業。
画像


ポリカを張り終わった屋根全景
これで今年の種蒔きは快適にできるなあ。
画像


この後、11月に残り4間(約7m)を仕上げて10間の下屋が完成。
単管とポリカの作業は、素人が一人でできるのがいいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自作 単管とポリカ波板で下屋作り 朱鷺の島 佐渡 棚田の稲作  稲場 三郎平/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる